<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SketchUpで構造スリットの確認

躯体図を作図していて最近やっかいなのが「構造スリット」。
構造図通りで納まる事は少ないです。
もちろん無いと成り立たないし、止水性や施工性を含めて
何度か検討されて決定する事が多いです。

なかなか、わかりにくい取り合いだったのでSketchUpで
その箇所をモデリング。 PDFにして現場へメール。
(このブログに貼り付け出来ませんが、3DーPDFに変換しました。)
そして、設計者との確認に使ってもらいました。
f0126989_2314120.jpg

こんな感じで、出窓部分に複雑にスリットが入ります。
f0126989_23141390.jpg

また、これを躯体図の見上げ・断面図だけでは表現するのが難しい。

という事でSketchUpのモデリングデータをdwgデータにエクスポート。
そにデータに注釈を付け加えて、躯体図に貼り付けました。
f0126989_23142785.jpg

[PR]
by obuno | 2010-04-25 23:18 | 現場での使用事例 | Trackback | Comments(3)

「5.1obunoスケッチアップ講習会」について


「まったくの素人ですが参加可能でしょうか?」
「当日は端末を持参する必要があるのでしょうか?」
「Google SketchUp 7」フリー版で大丈夫でしょうか?」

 などのお問い合わせを頂いておりますが・・・。

今回の講習会は「初めての方。または、それに近い方」を対象にしております。
現在、お申し込み頂いている方も、皆さん初めての方ばかりです。
これから始められる方のキッカケになれば、と思っておりますので・・・。
「興味はあるけど、なかなか1人で始めるのは・・・。」という方は是非!!

ソフトは、もちろん「Google SketchUp」フリー版でOKです。

PCは会場にありませんので、ご自身でご用意をお願いします。
(電源のみあります。ネット環境はありません。)

お申し込み・詳細は → クリック
[PR]
by obuno | 2010-04-18 22:55 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(0)

AutoCADとJW-CAD

本業で使う2D-CADはAutoCAD LTを使ってます。
10年近く前に、「Autoが出来なきゃ仕事は無い」と言われて、
必死で覚えました。お金も、時間もかけて・・・。
それこそ、食うために・・・。
AutoCADが出来れば操作には問題が無かった、・・・。今までは。

でも今回の仕事は、現場の人から設計事務所、また設備・電気屋さんまで
全てJW -CADの現場。困った・・・。
変換ソフトを使っても、完璧にはならないし。

常駐しているわけではないので本来、図面がある程度の段階になったら
「あとはそちらで直してください。」と言えるのに、今回はダメ。
「データが化けてるから直せない。」「そっちで直してよ」と言われ。

毎日、図面の訂正・訂正・修正・修正・・・・。細かい所まで。

建築業界が、ソフトを全て一本化する事など無理な話し。
この問題は、すっと続くのだろう。

これから、3Dの時代になった時。
BIMの本格的な時代になった時。
この問題は、また繰り返すのがろうか?
[PR]
by obuno | 2010-04-17 13:00 | その他 | Trackback | Comments(2)

SketchUpについて・・・。

仕事が終わってから、同業者と居酒屋で一杯・・・。
ちょっと良い気分になった頃、ノートPCを広げSketchUpの宣伝。
現場に常駐している時にモデリングしていたものを見せて
下手なプレゼンテーション。

「わかりやすいし。凄いね~。」
関心は示してくれたものの・・・。
最後の感想は、
「凄いけど。これをやって、お金にするのは難しいよね。」

よく言われる言葉。(自分もそう思う部分もあるが・・・。)
そこが、SketchUpがなかなか広まらない最大の理由だと思う。
やらなくても、仕事に支障はない。(飯は食える)
また、やったからといって何の得になるのか?
そんな事をやっている暇はない、・・・・。
だから、興味はあってもなかなか始められない。

・・・。
でも違うと思う!

SketchUpを、やるかどうか?
使う、メリットがあるのかどうか?
今の仕事に使えるかどうか?
そんな事を考えている時ではないと思う。
もう、既に・・・。

SketchUpをどんな風に使うか?
SketchUpをどうしたら活かせるか?どう使いこなすか?
どうやったら早くモデリングが出来るか?
廻りに受け入れられるためには、どうしたら良いか?
を考えるべきだと思う。
[PR]
by obuno | 2010-04-16 23:38 | その他 | Trackback | Comments(0)

美夢(BIM)セミナー参加。

Revit のセミナーに参加してきました。
y_yさんの講演では、その導入事例を話されていました。
良い所だけではなく、悪い点もお話しをされていて本当の
生の経験を聞く事が出来て良かったです。

オートデスクの人が、Revit の語源を説明されていました。
リバイス インダストリー(revise instantly)とか・・・・。
全ての図面が整合性が取れているため「修正を早くする」
という事でしょうか?
この点に、非常に興味が沸きますね。
施工図は毎日、訂正・訂正・修正・修正ですから。
[PR]
by obuno | 2010-04-15 22:34 | イベント・メモ | Trackback | Comments(2)

SketchUpを木造建築で活かすー2

3.22「obunoスケッチアップ講習会」にご参加頂いた方。
先日の投稿「SketchUp を木造建築で活かす
でご紹介させて頂いた梶原工務店様。

実際、どの様に木造建築の業務に活かされているのか、非常に興味を持ち、
先日会社のほうにお伺いさせて頂き、梶原社長様にその活用ぶりを教えて頂きました。

設計事務所さんから、FAXでくる一枚の平面図からの見積もり → 施工図作成と
共に、そのデータを使い材料拾いから見積もりにまでSketchUpを使われてました。

まず、平面図CADデータを設計者からもらいDXF→skpに取り込み、家具から
衛生陶器までメーカーからの3Dデータを巧みに使いながらモデリング。
もちろん実際に施工出来る施工図レベル。

「見積もりは時間との勝負」との事から、場合によってはCADデータを画像として
ただ面に貼り付けるだけ。
など、「省略出来る所は省略して・・・」と臨機応変なやり方もさすがだと関心しました。

それを基に、設計者や施主と有効寸法から細かな納まりまで、打合せにもお使いに
なっているとか・・・。
Pro版V7からの新機能「レポートを生成」を使いモデリングデータをCSV出力→
xls→FM7というソフト使われて部材拾いにも活用。

また、木造の構造材プレカット図も、SketchUpのモデリング兼施工図があるため
チェックがしやすく、仕上げとの取り合い、不具合の早期発見にも役立たれている
様子でした。
木造の3D軸組図では、「角材」「筋違い」などの木造ならではのプラグインも教えて頂き、
基礎工事での残土処分に関しても、SketchUpでのモデリングからプラグインVolume
を使ってほぼ正確な体積を拾い出し、またその根拠もモデリングで説明もしやすいとの事です。

とにかく、あらゆる所でSketchUpを活用されている事がわかりました。
また、このSketchUpが単にパースを書くだけの道具ではなく、そのデータを2次活用・
3次活用する事も出来る。
アイディア一つで様々な使い方が出来る凄いソフトだ、という事を再認識してきました。

最後のほうでは、3D-PDFの話題になり・・・。
やはり、SketchUpのソフトがない環境でも設計者や施主に見せる手段として、
どのパソコンでも見る事の出来る「3D-PDF」はこれから重要なのではないか? 
とのお話しになったり・・・。

お話しは尽きなく、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
今回お聞きした活用方を自分も、取入れさせて頂こうと思います。
お忙しい所、お時間を作って頂きましてありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
[PR]
by obuno | 2010-04-04 21:43 | 現場での使用事例 | Trackback | Comments(2)

5.1_obunoスケッチアップ講習会

先にご連絡していた、講習会(入門編講習)のご案内です。

日時:2010年5月1日(土) 
   午後 13:00~16:00(受付12:45~)

場所 : 千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号
    「千葉市生涯学習センター」(JR千葉駅から徒歩8分)
     3階 「小会議室」
     http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html    
(有料駐車場はありますが、出来るだけ公共交通機関をご利用ください)

☆ 講師 プロフィール

☆ 内容説明

  これから始められる方、ちょっといじった程度の「初心者」の方を対象とした
  「入門編講習」を致します。

  基本的な操作の説明から・・・、
  2次元CADデータを取込んでするモデリングに、マテリアルで色づけ。
  「レンダリング」の触りまでをご説明。
  ご一緒に進めていきたいと思います。
  (3月22日の講習会「午前の部」で行ったものと、ほぼ同じ内容です。)

  ※CadalogJAPAN及びGoogleの公認トレーニングではありません。

  持物 :ノートPCをご持参ください。
     (電源は会場にありますが、ネット環境はありません。)
   
  受講料金: 2、500円
      (※遅刻、早退、受講の場合でも受講料は変わりません。)
 
    お振込みにてお支払い下さい。
   (お申し込み後に振込み先をご連絡さし上げます。)

<お申し込み方法> ← クリック
[PR]
by obuno | 2010-04-02 00:34 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(0)


3Dソフトで施工図をかく


by obuno

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

お知らせ

お問い合せ他、・・・。
ご連絡は下記まで。
obunobanta@me.com
または、 n_tanba@goo.jp
携帯 080-3399-6398

カテゴリ

全体
プロフィール
現場への提案
現場での使用事例
講習会お申し込み
obunoスケッチアップ講習会
講習会の開催趣旨
皆様のご感想
講習会の内容
SketchUp操作
現場の事
その他
イベント・メモ
サイト御紹介
ブログをはじめるにあたって
プラグインのご紹介
Render [in]

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
more...

最新の記事

新しいブログ
at 2015-09-06 14:02
画像(写真)データの色をsk..
at 2015-08-30 21:37
尺度ツールで 階段蹴上げ寸法..
at 2015-05-24 20:18

最新のコメント

大野様、コメントありがと..
by obuno at 22:25
文字なしディメンションは..
by 大野慎也 at 16:21
申し込みました。行くつも..
by obuno at 14:39
ところで、obunoさん..
by nobu at 12:50

最新のトラックバック

09/24 Sketch..
from 湘南・茅ヶ崎の注文住宅梶原工..
トラックバックさせていた..
from Macな工務店社長の建築日記

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
スクール・セミナー

画像一覧