<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

次回「講習会」のお知らせ

3月22日に開催させて頂きました「obunoスケッチアップ講習会」ですが、
日程が合わなかった、次回開催には是非参加したい等 のご連絡を多数頂きました。

そこで、前回午前中に行った「入門編講習」をもう一度実施する事に致しました。

日程は5月1日(土)午後。
場所は前回と同じ「千葉市生涯学習センター」(JR千葉駅から徒歩8分)を予定しております。
詳細につきましては、後日また告知させて頂きますので宜しくお願い致します。
[PR]
by obuno | 2010-03-29 00:17 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(0)

Skpから3D-PDF_dwgデータへの変換について

3月22日の講習会の後、ご質問がありました。

「3DのPDFに変換していた事例がありましたが、Sketchupの無料版から
Acrobat 3Dを使用して変換できるのですか?SketchupのPro版からDXFに
書き出してから変換するのですか?」

講習会の時、ご説明が足りませんで申し訳ありませんでした。
3D-PDFに変換するには、SketchUpはフリー版でもかまいませんが、変換する別ソフトが必要です。
本来は、本家Adobe Acrobat の Pro が必要かと思われます。
これは高価なため・・・。
私はDeep Exploration 5 というソフトを使ってます。(セールの時に3万円弱だったと思います。)

中にはもっと安価なものもあるかもしれません。
建築資料館(サイト)
の「SketchUp専用掲示板 」でそのやり取りをされている所がありましたのでご紹介いたします。
→ クリック
ご参考にしてください。30日試用版もある様です。

また、講習会でSkpデータから3D-dwgデータへの変換データのご紹介もさせて頂きましたが、
こちらの場合は、SketchUpのPro版が必要です。 
これもご説明が足りませんで申し訳ありませんでした。
[PR]
by obuno | 2010-03-28 12:33 | SketchUp操作 | Trackback | Comments(0)

SketchUp を木造建築で活かす

先日の「obunoスケッチアップ講習会」のご参加いただいた方で、
SketchUp を木造建築でお仕事に活かされている方がいらっしゃいました。

梶原工務店の梶原様によりますと・・・。

【木造建築にスケッチアップ実用して便利な点】
1. 柱梁等構造体と内法等の納まりを三次元で確認できる。
  (納まり上のミスを見つけることが出来る)
2. 施工図を書きながら(見積段階で)材料の拾いが出来、
  それを見積に反映出来る。
2-1. 数量
2-2. 面積(左官壁面積、クロス壁面積、屋根面積)
2-3. 体積、土量計算
3. 適当な部分をパースに取り出すことができる。
4. 設計事務所様から頂いたDXFをrubyのプラグインで面データを持たせて
   施工図を書くことが出来る。
 
との事です。

 湘南・茅ヶ崎の注文住宅梶原工務店の社長ブログは → クリック
              その中のSketchUpの記事は → クリック
f0126989_23511791.jpg


 
[PR]
by obuno | 2010-03-25 23:58 | サイト御紹介 | Trackback | Comments(2)

obunoスケッチアップ講習会のお礼 

きのう3月22日、講習会が無事終了しました。
ご参加頂いたかた、本当にありがとうございました。
皆様のお陰。と心から感謝しております。
遠方のかたも多数いらっしゃいまして、非常に恐縮しております。

初めての事で、配慮が足りない点 多々あったとは思います。
反省もたくさんありました。

ただ、これで終わりにならずに、また皆様と交流が出来れば・・・。
と思っております。
本当にありがとうございました。
[PR]
by obuno | 2010-03-23 10:18 | 皆様のご感想 | Trackback | Comments(5)

SketchUpでタイル割付

講習会の準備のため、今までの自分の投稿ブログを見直ししたり。
ブログに載せていないデータも整理をしています。
そういうデータを改めて見てみると、「昔は結構色々と試しているな~。」と
我ながら関心してます。
その一つをご紹介。(約2年半前のデータです)

施工図には、「タイル割り」という非常に面倒臭い図面があります。
平面図、立面図、部分詳細図 等の種類がありますが。
それを、3Dでやったらどうか?

平面図は、あくまで平面的な情報だけ。
立面図は、あくまで立面的な情報だけしわかりません。
特に、立面図は正面の図面には側面の情報は基本的には出ていない。
廻り込んでどうなっているか?他の面の図面を見なければ・・・。

3Dで表現すれば、
出隅のコーナー役物の関係や、取合いが直感的にわかるのではないか?
この絵は、モデリングした立体に自分で作ったマテリアルでタイルのテクスチャー
を付けてみたのですが・・・。

今は、現実的ではないかもしれません。
でも5年後くらいには、色んな人がこんな事をしているかもしれませんね?
f0126989_14491025.jpg

[PR]
by obuno | 2010-03-18 14:50 | 現場での使用事例 | Trackback | Comments(0)

お申し込み状況

22日の、obuno「スケッチアップ講習」へのお申し込み頂いた方々。
ありがとうございました。
初心者の方、また同業者(施工図屋さん)の方が多いです。
設備関係、土木関係、木造関係、設計・パース関係、機械関係、他。
様々な方々にお申し込みを頂いております。
当日は、有意義な時間にさせて頂けるよう務めたいと思います。

お申し込みは、3月16日(火)に締切らせて頂きました。
ありがとうございました。

ご参加の方は、下記会場までのアクセスをご覧になってください。
[PR]
by obuno | 2010-03-06 00:59 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(2)

会場までのアクセス

会場の「千葉市生涯学習センター」ですが・・・。
案内図は下記です。
f0126989_12435725.jpg

JR千葉駅東口改札を出て、左側に歩いて2分くらいでトンネルの様な地下道があります。
そこを通って、突き当たり右側のに行き地上へ出ます。
信号機を渡ると、目印の「まんじゅう屋さん」があります。
その左横を通って(すぐコンビにがああります)

ここまでの動画 ↓(これがまんじゅう屋さん)20130804撮影


あとは、まっすぐにしばらく歩きます。5~6分歩くと・・・。
突き当たり、信号を渡ると正面に大きい建物があり。
奥の建物です。(結構キレイで立派な建物)

その辺りの動画 ↓


中へ入って、正面の大きい階段を上っても良いし、左側に行けばエレベーターもあります。
会場は、3階「小会議室」です。
宜しくお願いします。

当日。何かありましたら、携帯080-3399-6398(丹波)まで。

会場は、こんな感じです。(3月19日撮影)
f0126989_18401053.jpg

[PR]
by obuno | 2010-03-06 00:40 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(0)

obunoスケッチアップ講習会の趣旨

前回「お知らせ」させて頂きました「obunoスケッチアップ講習会」の趣旨
をご説明させて頂きます。 

約4年ほど前に出会った、このSketchUp
非常に素晴らしいソフト。また物凄く楽しいソフト。わかりやすいし・・・。
しかもフリー。 使わない手はないです。 特に、工事現場で。

(obuno)は基本的に現場常駐の建築「施工図屋」ですが、この4年間。
工事現場で私以外に使っている人に会った事がありません。
(いや、ちょと前に初めて。1人だけいました。感激でした・・・。)
実は
現場では その存在すら知らない人ばかりです。

現場でSketchUpを使えば、つらいばかりの現場の仕事も
「ちょっとだけ楽しくなる!」。そう思います。

興味はあっても、なかなかキッカケがなければ1人で始めるのは難しいです。
午前中の「一部」はそのお手伝いが出来れば・・・。と思います。
本当の初心者を対象にしています。 難しいことはやりません。

午後の「二部」は、今まで私がどの様に使ってきたか。どんな風に使えるのか?
今までこのブログ上でご紹介してきたデータを中心に、その使用例をご説明。
またエピソード等の、ご紹介をさせて頂きたいと思います。
出来れば、同業者の方にご紹介したいです。
同業者の方達でSketchUpの輪が広がれば、もっとこの施工図の仕事が活性化し。
現場も活発化し・・・。現場がわかりやすくなり。
また、施工図の仕事がもっと認められるのではないか!と思います。
(もちろん、他業種の方もOKです。)

「三部」。(フリータイム)
私もこれまで、SketchUp関係の様々な講習会・セミナー等に参加させて頂き
ましたが。 そこで、色々な貴重な出会いがありました。他業種の方とも・・・。
このSketchUpをやっていなかったら、まず知り合う事すら出来なかったと思われ
る方達との素晴らしい出会いが沢山ありました。
(その後も、情報交換等させて頂いております。)
そんな出会いの場になれば・・・。と思います。

興味のある方は、ご連絡だけでも頂けますと嬉しいです。 obuno@excite.co.jp  まで。
[PR]
by obuno | 2010-03-06 00:35 | 講習会の開催趣旨 | Trackback | Comments(0)

お知らせ。

obunoスケッチアップ講習会について

日時:2010年3月22日(月・祝)   受付 09:00~

場所:千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号
   「千葉市生涯学習センター」(JR千葉駅から徒歩8分)
   3階 「小会議室」
   http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html
  (有料駐車場はありますが、出来るだけ公共交通機関をご利用ください)

(一部:入門編講習)         午前 09:20~11:50
(二部:現場での使用事例説明・他) 午後 12:50~15:20
(三部:フリータイム)        午後 15:30~17:30

※CadalogJAPAN及びGoogleの公認トレーニングではありません。

☆ 講師 プロフィール

☆ 内容説明

  午前 09:20~11:50(一部:入門編講習)
        
     入門編講習は「超初心者」で、まったくの初めての方を対象にしています。
     ご了承ください。
     御自身の持ち込まれましたPCにて、一緒にスケッチアップの使い方を学んで
     いきたいと思います。(これから始められる方のお役に立てる様にしたいです。)


  午後 12:50~15:20(二部:現場での使用事例説明・他)

     基本的にはこれまで、当ブログでご紹介させて頂いた「現場」での使用例の説明。
     またエピソード・ 作成の裏話しなどのご紹介。
     そして、ブログではご紹介していない使用事例。等々・・・。


  午後 15:30~17:30(三部:フリータイム)
 
     「フリータイム」は、質問等のやり取りや・・・。
     PCを広げながら、スケッチアップに関するフリートークを参加された方達と
     ざっくばらんにお話しが出来る交流の時間(情報交換の時間)にしたいと思います。



持物:午前の部(一部:入門編講習)受講者はノートPCをご持参ください。
   電源は会場にありますが、ネット環境はありません。
   午後の受講に直接PCは必要ありませんが、御持参頂いてもかまいません。

料金:お振込みにてお支払い下さい。
   (お申し込み後に振込み先をご連絡さし上げます。)

    一部 2000円
    二部 2000円
    (一部・二部通しの場合、3500円)

    三部 無料。同じ場所でやります。
    (一部、または二部の参加者のみ)
    
備考:施設には食堂があります。
   近くにコンビ二もあります。
   持参した弁当を食べる場所もあります。



<申込方法>

受講料:          一部のみ   2,000円
              二部のみ   2,000円
     一部・二部通しで受講の場合 3,500円
     (※遅刻、早退、受講の場合でも受講料は変わりません。)

メールにてお申し込みください。
 メールアドレス:obuno@excite.co.jp
 (お問い合わせ用電話番号:070-6645-7359 タンバ まで)
     
 参加申込のメールは、
 下記「参加申し込み要項」に記載の上お願いします。
 受講する講座は、「一部のみ」か「二部のみ」か、もしくは
「一部」「二部」両方通しで受講するかを記載ください。

 申込みされた方には、申込み確認のメールを返信いたします。
 そのメールに受講料の振込み先を記載しておきますので、事前に
 お振込みにてお支払いをお願い致します。(お振込み手数料はご負担ください)
 原則的にはキャンセルは出来ません。
 領収証が必要なかたは、お申し出ください。
 

 申込期限:3月16日(火)

 
 メールタイトル 「obunoスケッチアップ講習」申込み
  
         氏名:
     (ふりがな):
    メールアドレス:
         職種:
   SketchUp暦:
(だいたいで良いです)
         住所:〒
         電話:
(携帯等連絡がとりやすいもの)

      受講コース:下記のうち該当部のみを残し削除してください
            午前(一部)のみ
            午後(二部)のみ
           (一部・二部)通し    

    受講料合計金額:
[PR]
by obuno | 2010-03-05 00:01 | obunoスケッチアップ講習会 | Trackback | Comments(5)

プロフィール

丹波 伸郎(たんば のぶお)

  昭和35年東京生まれ。
  御茶ノ水美術専門学校デザイン科卒業。
  
  佐沼建築事務所入社をきっかけに「建築施工図」の仕事に従事。
  その後、建設会社入社。現場常駐・施工図係員として従事。

  平成14年に独立自営。
  常駐した現場は、高級ブランド社長別荘、私立の大学・高校、大手企業の工場など。 
  また幕張・高輪などの大型や高級マンションなどで施工図業務ニ従事。
  現在は、株式会社奥山にて施工図業務を行っている。

  SketchUp(Ver5)との出会いで衝撃を覚え、各セミナーへの参加やマニュアル書籍、
  関連サイト等でその操作方法を学ぶ。
  SketchUpが、建築業界(特に現場)に普及する事が、コミュニケーションが円滑に
  流れ、現場がわかりやすくなり、なおかつ現場全体としての作業効率も上がる事を
  信じ、日々思考錯誤を繰り返す。
  1人でも多くの人に伝えたいとの思いから、講習会を実施していきたいと考えている。

  平成21年に日本スケッチアップ倶楽部(JASUC)に参加。(現在は解散)
  平成22年3月22日に初めて、個人的にスケッチアップ講習会を実施。
                       ( 入門編講習会 ・ 現場実用事例発表 ) 
  平成26年5月より 同じユーザーの仲間と「スケッチアップ・ユーザーグループ」として活動
  平成27年9月SketchUpトレーニング初級+中級認定トレーナー となる
  平成27年7月より SketchUp研究会(アルファコックス主催)に参加
平成28年3月21日、千葉にて初のSketchUpPro認定トレーニングを実施予定。
    
  現住所: 千葉県千葉市若葉区

  メール: obuno@excite.co.jp
  または  n_tanba@goo.jp

  電話:080-3399-6398

f0126989_2105542.jpg

[PR]
by obuno | 2010-03-04 19:05 | プロフィール


3Dソフトで施工図をかく


by obuno

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

お知らせ

お問い合せ他、・・・。
ご連絡は下記まで。
obunobanta@me.com
または、 n_tanba@goo.jp
携帯 080-3399-6398

カテゴリ

全体
プロフィール
現場への提案
現場での使用事例
講習会お申し込み
obunoスケッチアップ講習会
講習会の開催趣旨
皆様のご感想
講習会の内容
SketchUp操作
現場の事
その他
イベント・メモ
サイト御紹介
ブログをはじめるにあたって
プラグインのご紹介
Render [in]

以前の記事

2015年 08月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
more...

最新の記事

画像(写真)データの色をsk..
at 2015-08-30 21:37
尺度ツールで 階段蹴上げ寸法..
at 2015-05-24 20:18
ツールバーの簡単な表示方法
at 2015-05-24 18:09

最新のコメント

大野様、コメントありがと..
by obuno at 22:25
文字なしディメンションは..
by 大野慎也 at 16:21
申し込みました。行くつも..
by obuno at 14:39
ところで、obunoさん..
by nobu at 12:50

最新のトラックバック

09/24 Sketch..
from 湘南・茅ヶ崎の注文住宅梶原工..
トラックバックさせていた..
from Macな工務店社長の建築日記

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
スクール・セミナー

画像一覧