<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

便所詳細図

便所詳細図のチェック・調整。
すぐ墨出しする。というので大急ぎでしないと・・・。

平面図と展開図の食違いを直すのは大変です。
平面図を直すと、展開図も自動的に直ってしまう機能があれば楽だと思う。
最初から平面図と展開図が連動しているデータが入力されていればいい。
やっぱりBIMですかね?
SketchUpを使ってそれに近い事が出来れば・・・。なんて思います。

展開図の書き方は、壁の仕上げラインだけではなく壁芯が入ってないと
何かまぬけな図面に見えてしまう。
施工図は特に、芯の表現は大切。基準を表現しないと現場では困る。

今回は壁仕上げは「化粧ケイカル板」。
意外と割付もまじめにやると大変です。
ジョイントは便器の芯に入れるか。ブース芯に入れるか?
洗面の芯に入れるか?
微妙に芯がずれているのもおかしいし。

アルミ巾木との取り合いはどうするのか?
板の高さは1820。勿論天井高さには届かないので横目地が入ってしまう。
いっそ、長いのを特注できないものか?
巾も真物を使うなら、(もともとある)面取り突きつけでいいけど。
割付にこだわる様なので、カットせざるおえないので・・・。
カットした版同士のジョイントはシールが必要かもしれないので、業者さんに確認をしないと。

ハンドドライヤーの位置は割付に合ってない。
設備屋さんに聞いたところ、お客さんと打ち合わせ済みで大きく変える事は出来ない。
聞いてみると、それなりの根拠のある位置に決めてある。
コンセントも埋め込みららしく、変更不可能。らしい。

割付をずらすと、他に影響が出るし・・・。
床材は、洗面部分と便器がある部分とで変えるらしい。
材料の厚みが違うのでその納めも考えないないと・・・。
勿論、見切り材もいる。

やっぱり、平面と展開は連動しててほしいな。
[PR]
by obuno | 2010-02-10 23:56 | 現場での使用事例 | Trackback | Comments(2)

新しい現場

今月から新しい現場に・・・。

今回の現場は、結構きつい。
既に終わりに近いのに・・・。
この時期に・・・。

図面がまとまってない!

あまりにタイトなため、SketchUpの出番はありません。
色々、考える余裕もないです。
でも、仕事させて頂けるだけ良いかもしれません。
ありがたい。

発想を変えないと!

SketchUpを使って。

SketchUpを使えば、つらい現場もちょっとだけ楽しくなるかもしれない。
[PR]
by obuno | 2010-02-09 22:50 | 現場の事 | Trackback | Comments(0)


3Dソフトで施工図をかく


by obuno

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

お知らせ

お問い合せ他、・・・。
ご連絡は下記まで。
obunobanta@me.com
または、 n_tanba@goo.jp
携帯 080-3399-6398

カテゴリ

全体
プロフィール
現場への提案
現場での使用事例
講習会お申し込み
obunoスケッチアップ講習会
講習会の開催趣旨
皆様のご感想
講習会の内容
SketchUp操作
現場の事
その他
イベント・メモ
サイト御紹介
ブログをはじめるにあたって
プラグインのご紹介
Render [in]

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
more...

最新の記事

新しいブログ
at 2015-09-06 14:02
画像(写真)データの色をsk..
at 2015-08-30 21:37
尺度ツールで 階段蹴上げ寸法..
at 2015-05-24 20:18

最新のコメント

大野様、コメントありがと..
by obuno at 22:25
文字なしディメンションは..
by 大野慎也 at 16:21
申し込みました。行くつも..
by obuno at 14:39
ところで、obunoさん..
by nobu at 12:50

最新のトラックバック

09/24 Sketch..
from 湘南・茅ヶ崎の注文住宅梶原工..
トラックバックさせていた..
from Macな工務店社長の建築日記

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
スクール・セミナー

画像一覧